薄毛を改善するにはお金か、努力か、医療か・・?

火曜日 , 21, 11月 2017 Leave a comment

薄毛に悩んでる人ってどの位いるんだろう。最近は薄毛を嫌う様な風潮は昔より和らいできたかに思えます。

でもまだまだ薄毛で悩む方はたくさんいるように思うし、そんな人の為に…なるか分からないけど、ウチの主人と薄毛との闘いを少しご紹介します。

旦那くんの薄毛ケア奮闘記

主人が薄毛に悩み始めたのは30代前半あたりらしい。何だかコシが無くなってきたぞ!という所からはじまる。

私と結婚したのが38歳の時。その時に言われたのが、オレ頭あと数年しか保たないと思うよ!それでも良いのか?と。笑ってしまったけど、本人は至って真剣。私はそれ程気になるタイプでは無かったので無事結婚。笑闘いを途中からだけど垣間見る事ができた。最初はシャンプーを変えてみる。

その時話題だったスカルプD特に効果は見られなかった。次はレベルを上げてリアップ!私からはよく分からなかったけど、主人は少し実感があった様な…と言ってました。

そしてここまで来たら気になるのが医療。最近は近くのクリニックでも薬を出してくれるので割と行きやすいらしい。主人としては、この処方される薬が1番効果があると踏んでいるみたい。生えはしないけど抜ける本数が減るだろうと。

私からは劇的変化は見受けられなかったのですが、期待値としては1番いいみたいです。最終的にはお金をかけて植えるか?とも思うようですが金銭的に困難だと…。やはりお金なのか、日々の努力なのか、医療なのか、、、今も模索中です。

 

最近では医薬品以外でも優秀な育毛剤があって薄毛業界自体もかなり進化している様子。リデンという育毛剤は医薬品のミノキシジルに変わる副作用のないリデンシルという成分を配合しているらしく、注目されているらしいです。リデン効果などを調べてみても使用者の方たちは個人差はあれど効果を実感しているようですし主人も興味津々。

近い将来もっと医療や科学が発展したら、もう本当に薄毛の悩み自体がなくなる時代がくるのかもしれません。ただそうなったとしても費用面は不安ですけどね汗。妻の立場としては複雑です。

 

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です